トップ
Naomi Tamura in Heaven's Here @アスナル金山
d0119899_14313160.jpg

アスナル金山でのイベントに田村直美が出ると言うことで、家族で見に行きました。

9月のMt.ENAロック・フェスティバル以来、完全に田村直美と言うかSHO-TAに魅了されてしまった僕は彼女の音源を可能な限り買いあさり聴いていますが、やはり〝LIVE〟に適うものはありません。

野外イベント恒例の公開サウンドチェック。

SHO-TAは内音だけでのバランスをチェックしたいと指示していたような・・・?
〝IF IT MAKES YOU HAPPY〟での公開リハでした。


さて本番。

SHO-TAに限らずなんだけど、ミュージシャンって本番ステージに上がるともの凄く雰囲気があるの。分かるかな~?

昨日もラッキーなことにSHO-TAと少し話ができて、「急遽エナロックのメンバーが集まってくれて・・・」とか言ってた田村さんはどこへ・・・?そして、楽しげに歌い上げるSHO-TAがステージの上にいる。

彼女のアルバムを聴いていると、どうしてもバックの音が気になってSHO-TAが歌っている〝言葉〟が聴きとれなかったりするんです。
でも、不思議とライブだと凄く言葉が自分の中に入って来て非常に気持ち良い。

思ったのは、SHO-TAって曲を全身で表現しているなぁ~って事。

もちろん、バンドに「終わるよ~」とかって手を上げたり、クルクル人差し指を廻したりってのもあるんだけど、胸を叩いたり客席に手を上げたり、笑って魅せたり、肩でリズム取ったり・・・まぁ彼女らしいパフォーマンス(?)で歌う姿を見て、「あー、音楽は生き物なんだなぁ~。」って感じた。まさにライブってことなんだけどさ。

SHO-TAのバックを支えるHeaven's Hereの面々(って言うか、SHO-TAも含めてHeaven's Hereなんだけど)も弱音(小さい音って事ね)ながら凄く心地良いグルーヴをかもし出していました。

当初40分のイベントって聞いていたんだけど、気付いたら軽く予定時間は過ぎていて、なのにまさかのアンコールまであった(!)

多分、このアンコールは予定調和ではなかったと思うんだけど、最後にSHO-TAが歌ったジャニス・ジョップリンの「TRY」はカッコよかったなぁ~。

バンドが凄くロールしておりました。

イベントが終わり勢いで購入したSHO-TAの20周年のDVD。
「もって行って下さい」と渡された赤い「a.k.a」のポスターに困惑していたら、ジミーさんに「プレミアつくかもよ。」って言われた。そんな~・・・

d0119899_1556829.jpg

イベント終了後、
僕は愛器レスポールを持って
某所でのセッションに参加をしてきましたとさ。

(撮影:“cogito ergo sum”
のNaomi)

Thanx!

Today's Album
 Tamura Naomi A.K.A Sho-ta Sho-ta A.K.A Tamura Naomi 
/ 田村直美
[PR]
by masayuki1973com | 2007-11-11 16:15 | 音楽(LIVEレポ)
<< 息子の冬支度 風のようにうたが流れていた >>