トップ

ホッタの喜怒哀楽な日常          
<   2008年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧
Gibson LES PAUL STANDARD EB (2006)
d0119899_14265739.jpg

OVER30でようやく手に入れたホンモノの1本。
何がきっかけだったか急にGibsonを買おう!って決意して2年くらい禁煙までして貯金して現金で買ったので思い入れは半端じゃないです。

色はどうしても黒が欲しかったんだけど、なかなかスタンダードの黒って在庫が無くって最悪半年待ちですよってギターショップの人には言われてて、でもそうなっても仕方ないか・・・って思っていたら偶然スタンダードのEB(エボニーブラック)が入荷されて、レス・ポール貯金完了とほぼ同時にオーダーを入れて手に入れることができました。

このギターを取りに行った日にライブが入っていたので、「今日買ってきたギターです」って使ったことを覚えています。

初めての2ボリューム、2トーンのギターなので使い始めはどれをどうコントロールしてよいのか分からなかったけど1年くらい弾いてようやく分かってきました。
お世話になっているギターショップの方からはリペアに持って行くたびに「レギュラーのラインとしては音の抜けが半端じゃない。当たりの1本だよ。」って言われます。

弾きこむほどにだんだんと馴染んできて、弾いていて凄く気持ちの良いギターです。
[PR]
by masayuki1973com | 2008-01-30 14:47 | 所有機材
MySpaceとかで見たB Generationとか。
d0119899_1273716.jpg"It's only Rock'n Roll"

↑まぁ、とりあえずご覧ください。

去年のエナロックで出会った
B GenerationのMySpace。
こう言う音楽は巷に溢れているのかも知れないけど、もっと売れたら良いのになぁ~・・・って思うユニット。

実はこのユニットの詳細は知らんのだが、音源を聴くと俺的に心を揺すられる音が多いのだ。この前Blogで読んだんだけど、彼らは今 業界にデモテープを送りまくっているらしい。是非LUCKを掴んで欲しいね!

これまたAmazonでは手に入れることの出来ない「良い音」紹介でした。

っつーか、この「MySpace」に興味津々なのだよ、実は。
海外ではこっちの方が主流らしいね。プロ・アマ問わず色々なミュージシャンが運営してるってものあるし、何だか良く分かんないけど音源のUPとかも出来るし面白そうじゃん。

俺も音源とか出来たらMySpaceやってみようかしらん?って色々と手を出し過ぎるなって!管理しきれんのは目に見えてるよ~(笑)
[PR]
by masayuki1973com | 2008-01-30 12:14 | 日常
EDWARDS E-SA-125LTS <ES-335Model> (2007)
d0119899_1038940.jpg
このギターは家内が買ってくれました。 理由は・・・って野暮なことは書かない(笑)。

ES-335を本気で欲しいな~と思ったのはTRICERATOPSのライブで唱くんが61年製の335を弾くのを見て。(他人の影響を受けやすいタイプなんです)
しかし、ホンモノなど超高額だから簡単に手が届くわけが無いし・・・って事でGibsonは諦めました。

しかし、ニッポンのギター・メーカーも良い物を作っていた!ってのがこのモデル。

「ラッカー・フィニッシュ」 「単板削り出し」 「ダンカンPU」って基本的な造りは良さげ。しかも驚くべきコストパフォーマンス!聞いた話ではこのギターの製作者はバイオリン製作者とのこと。 スペックだけで比較すれば本家に決して劣らないと思います。

実際に手にしてみると弾き心地もなかなか良く、適度に太いネックも嫌いじゃない。想像以上に低音が出るし、リアPUは結構パワフルに感じる。メローなバッキングからハードな音まで満遍なく弾きこなせそう。

唱くんを意識してストラップはアーニーボールの黒いヤツをコーディネイト。ストラップを長めにして「クラプトンじゃねぇ~ぞぉ~!」って主張をしていく予定です。

このギターはまだ若くていかにも新品な感じだから、弾き込んでじっくり育てていこうと思います。

ニック・ネームは「チェリーちゃん」
[PR]
by masayuki1973com | 2008-01-29 11:17 | 所有機材
ギターショップへ行こう!@伊勢
d0119899_9115411.jpg
昨日は家内の実家 伊勢へ。
午後から一人で前から気になっていたギターマガジンとかに広告を載せている店「Guitars Land」を視察(?)に。

事前の情報は広告のみ。PRS沢山置いてるんだろうな~とは予想はしてたけど・・・

実際は職人的オーナーが経営するお店って感じ。「オイラが良いと思ったものしか置かねーぜ」って姿勢が感じられます。でも、意外と悪印象は無かった。

店に入っても、声をかけられるわけでもなく終始無言・・・。店ではオーナーがナットの溝でも削っているのだろうか?何やらギコギコって音だけが聞こえる。

店内には30本程度のギターが展示されていて、そのうち半分くらいがアコギだった。なかでもDEVISERが製作するのアコギブランド「HEADWAY」が豊富に展示。でも、無口なオーナーに声をかけられない引っ込み思案な俺。

この店でオーナーの心意気が感じられたのは、1本1本全てのギターに的を射たコメントが書き添えられていたこと。「あー、ちゃんと実際試して書いてるんだな」って思ったよ。でも「鳴りが良いです」ってのが多かったけど(笑) こういうギターショップは少なくなってきているから頑張って欲しいな。

エレキは予想通りPRSが大半。PRSは職人好みなのだろうか・・・?やたらハイエンドな100万近くするPRSがケースの中に10本位ドーンと(?)構えていた。あとはフェンダーが2本くらい、ギブソンが2本。俺はこの2本をずーっと見てたけどね。

1本はヒストリックのゴールドトップ。もう1本はP90搭載のゴールドトップ50’sモデル。どっちも欲しい~!でも両方を見比べるとヒストリックってやっぱりゴールドトップでもフィニッシュの色合いが深く感じた。欲しいなぁ~。ちなみに価格は良心的だったよ。

J-45興味津々の俺にはHEADWAYのJ-45モデルのコメントに「G社より完成度は高いです」って書かれても反応しないんだなぁ~。やっぱGibsonやFenderにはコピーモデルには無いものがあると思うんだよ。
良いと思ってコピーモデルを買っても、また本物が欲しくなってしまうのって俺だけか?

アンプはブギーがほとんどだったなぁ。PRSとブギーのペアといったらサンタナか?そういう人なのか?あの職人風オーナーは・・・
[PR]
by masayuki1973com | 2008-01-28 09:42 |
Soul、Funk、Bluesなんか買っちまおうか!
某大手CD販売店H●Vがネットで「輸入版どれでも3点買うと25%OFF」キャンペーンをしている。
あまり興味が無かったのだが、普段は買わないようなCDを試聴しながら買ってみようかと思う。今年はSoul、Funk、Blues、Jazzを沢山聴こうと思っていろので、その辺を漁ってみた所の候補CDは下記の通り。

d0119899_1121407.jpg d0119899_1123046.jpg

d0119899_11241698.jpgd0119899_11252063.jpg
d0119899_11262053.jpgd0119899_11264348.jpg

d0119899_1133657.jpg

っつーか、全然3点に絞れてねーし・・・。
情報求む!!
[PR]
by masayuki1973com | 2008-01-26 11:39 | 日常
K点超え アクセス新記録
1月22日 1,910hits
1月23日 1,242hits


あるスキャンダル(?)の影響を受け、当Blogはとんでもないアクセス数を記録しております。
悪いけど、最初から言っておくけど

「ここは例の一件とは何の関係も無いよ」

まー、HABU BOX好きなあの人と関係してることだから気分悪くは無いけどさ。
[PR]
by masayuki1973com | 2008-01-24 09:54 | About this blog
Firebirdなギタリスト
d0119899_9392840.jpg
一番好きなFirebirdプレイヤーは宮内和之。彼が黒いFirebirdをソファに座って弾いている写真が印象的だ。「愛器を弾く宮内氏」とかって解説付きで。

ちょっと真似してみた。やっぱり上手くはいかないね。

d0119899_944727.jpg
この写真を見て、Firebirdカッコ良いじゃん!ってこのギターに興味を持った事を覚えている。

彼はICEのイメージが強くって、ICEではゴールド・トップのレスポールを良く弾いていたみたいだったから、Firebirdをメインで使うこの「BLIND HEADZ」ってバンドでは気になってた。
でも、どこのCDショップにもこのバンドのCDは置いていなくて・・・。


d0119899_9555217.jpg「ψ(サイ)/BLIND HEADZ」

宮内のハードなギター炸裂!な一枚。

2コードくらいで展開する彼独特の世界観はこのバンドでも健在。
彼のギターがもう聴けないことが悔やまれる。

Firebirdと言えばもちろんジョニー・ウィンターなんだけど、CDもDVD持ってるけど俺にとってはFirebirdってブルースってイメージよりもロックなイメージなんだな。

昨日、星が丘でアンプ直でFirebirdを弾いてみて意外と弾きやすいじゃん!って再認識。重量バランスを除いてね(笑) ちょうどストラトとレスポールの中間のような音で、ヴォリューム・コントロールがレスポールより効くから、ヴォリュームを絞り気味でカッティングすると凄く気持ち良いっす。
しかし、1~2弦のサスティーンの無さは何ともならず、そこをどう乗りこなすかっつーのが課題だな。

でも、沢山の人に「似合うよ」って言われたから嬉しかった。
それだけでもこのブルーバードを手に入れた甲斐があったってもんだ。
[PR]
by masayuki1973com | 2008-01-23 10:13 | 日常
営業スマイル慣れ~なオレ
どちらかと言うとニコニコしている事はあまり無いし、愛想が良いほうではない。
しかし、仕事となるとそうはいかないのは分かっている。

以前はどこかで公私を切り替えるスイッチのONとOFFを意識的に切り替えていたけど、今朝あまりにも自然に営業スマイルをしている自分に気付いて「マジかよ・・・」って思った。

何だか分からないけど、こんなことが気になるなんて精神的に疲れているのか?

さて、今日は火曜日。っと来れば星が丘でブルース・セッションだ!
新人(ブルーのFirebird 通称:ブルーバード)を連れて行こうじゃないか!

バンドの相方も誘ってみようかと思ったが、彼は何やら忙しそうなので尻込み中。
[PR]
by masayuki1973com | 2008-01-22 12:00 | 日常
ミーティング(?)
昨夜はバンドの相方(Dr.)とやっとバンドについての話を5分くらいした。
その時間は非常に濃くて、かつ分かり合え、お互いに「OK」と感じる事が出来たことが嬉しかった。

基本的な方向性というかコンセプトは確立されたと思うから、後は行動のみだ。

こんな時こそ、急がず焦らす。しかし、鉄は熱いうちに打て。

何が出てくるかは分からないけど、良い物が出てくる予感はあるよ。その域に達するまでにはそこそこ時間はかかるだろうけど、そんなの覚悟は出来てるよ~(笑)
[PR]
by masayuki1973com | 2008-01-20 13:51 |
Gibson Firebird Ⅴ (2000)
d0119899_13111613.jpg
中古でゲット。シリアルナンバーから2000年製と思われる。

レスポールを買ってGibsonギターの魅力にハマッた俺は、実はSGを買おうと目論んでいた。でも、いつもお世話になっているリペアマンに「ホッタさんSG似合わんよ」って言われて急に買う気をなくした。

で、たまたまギターショップに行ったときに「どんな音が出るんだろう?」って思って試奏したのがサンバーストのFirebard Ⅴだった。

確かに音はミニハムでショボいし、重量バランスは悪いし、デカイしって良いとこ無しなんだけど、ギタースタンドに立てかけた時の姿が何ともカッコ良くって、部屋にこのギターが置いてあるシーンを想像したら購買欲に火がついた。(2007年4月くらいかな?)

ずーっと、サンバーストのギターって持っていないし(基本的にサンバースト・アレルギー)Firebirdみたいな変形(?)ギターならサンバーストも有りかなって思ったのもあったなぁ。

2007年の秋くらいだろうか、中古でブルーのFirebirdがあるって知って、でもFirebirdはサンバーストって決めていた自分がいたので少し悩んだ。
結局ブルーのFirebirdを買ったんだけど(レアカラーだし)、Firebirdってカーデザイナーがデザインしたギターだからブルーはアメ車みたいでマッチしていると思う。ストラップもコーディネートしたよ(Thanx 賢!)

実際弾いてみて感じたのは、サスティーンはさすがに物足りないもののヴォリューム絞ってカッティングすると良い感じ。低音が意外と出るので驚いた。
でもやっぱり重量バランスは悪いので細かいことは出来んな・・・。チューニングもリバースヘッド+バンジョー・ペグっつー事もあって辛いっす。

これからこのお嬢さんとどんなお付き合いになるか楽しみな1本です。
[PR]
by masayuki1973com | 2008-01-20 13:39 | 所有機材