トップ

ホッタの喜怒哀楽な日常          
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
課題
物忘れは良いので、過去の自分の発言などを指摘されることは多い。

昨日ボーっと運転していたら、とんでもないことを思い出してしまった。

ずいぶん前に記事にした、作曲のことなんだけどさ。
あの後、電話がかかってきて「例の曲、1月2日までに出来るよね?」って言われてOKしたんだよ・・・


でも、1月2日って来週じゃん。(!)


アイディアは出来てるんで、まとめて言葉を乗せるだけなんだけどさ。

構成は「イントロ」→「Aメロ」→「イントロ」→「Aメロ」→「サビ」→「Bメロ」→「サビ」→リピート~ とかで良いかなって楽天的に考えているよ。

2月発表の曲だから、そこでウケが良かったら言葉を変えて自分のバンドのレパートリーにしよう。そう言う所はきっちりCHARの真似をしよう。

関係無いけど、家ではすっかりアコギしか弾かなくなったな~。
アコギってメローにもパーカッシブにも弾けるから面白い。ファンクっぽいリフをパーカッシブに弾くと非常に心地良く感じる。
他人がよく言う「アコギの振動が身体に響いて・・・」って感覚も分からんでもないね。って言えるほど弾けてないけど、そう感じるよ。

あ~、2007年の残りが長いぜ。
[PR]
by masayuki1973com | 2007-12-28 14:12 | 日常
宮内 和之
12月18日、ギタリスト 宮内 和之が亡くなった。

享年43歳という若すぎる死だ。

僕は彼の名をフェイバリットに挙げるほどでは無いものの、ICEのアルバムは結構持っているし、彼はテクニシャンと言うよりも音のニュアンスを大切にする数少ないギタリストと思っている。

確か今月号のギターマガジンに新譜のインタビューが掲載されていた。
凄くストレートな発言が多く、宮内さんに対して温和なイメージを持っていた僕は少々驚いた。

「SPEAK LOW」というアルバムタイトルについても共感できるよ。

いい音楽をこの世に残してくれた宮内さんに感謝しています。
ありがとうございました。
[PR]
by masayuki1973com | 2007-12-19 11:25 |
PEARL @ELLとHOLDしたギターとか
d0119899_7341973.jpg

16日、ELLへPEARLのライブを見に行った。

リズム隊はブルーマーダーのリズム隊。カーマイン・アピスを見たのは2回目だけど、いい意味でも悪い意味でも相変わらず。彼のビートがヘビーに聴こえるポイントが分かった。

今回のメンツは確かに強烈だが、個々の個性が強すぎてどこを見て良いか分からなかったって言うのが、正直な感想かな?やっぱSHO-TAは凄く良いと思ったし、色んな意味で自分の好きなものとそうでないものが分かったよ。


そして、34歳 1本目のギターをHOLDしてきた。
d0119899_7473899.jpg

中古品のため、メンテナンスの依頼と一部わがままなリクエストをしてあります。来年我が家にやってくるでしょう。

楽しみだなぁ~。
[PR]
by masayuki1973com | 2007-12-18 07:50 | 音楽(LIVEレポ)
撮ってみました・・・
d0119899_103686.jpg
我が家最年少の音楽家の身支度を整えるひとときをパシッ!

先日、オヤジから貰ったCanon EOS kiss (18~55mmのレンズ使用)で撮影。

どうよ?
[PR]
by masayuki1973com | 2007-12-12 10:17 | 日常
34歳なり~
昨日まで33歳、そして今日から34歳。

33歳の一年間は思いのほか色々なことが起こって、とても充実した一年間だったと思う。

色々な事がきっかけで沢山の人と出会い、凄く〝縁〟ってヤツを感じたな~。
息子に今までみたいに手が掛からなくなってきたので、セッションに出かけるようになったり、家族でライブを見に行くようになったりしたことも大きいと思う。

そんな中で出会った新しい音楽やバンド「TRICERATOPS」「アポロ・ボーイズ」や「田村直美」、それにセッション仲間やNetを介して出会った人たち、中津川の「ENA ロック・フェスティバル」。33歳はそんな「出会い」の多い一年だったと思うので、34歳の一年ではその関係をより濃く(?)、良い物にしていきたいと思う。

34歳でやっておきたいことは、まず自分のバンドをやるってことかなぁ~。前から言い続けてることだけどね。(笑) 実行するよ、いい加減に。

あとギター3本手に入れるよ。FBと335(国産)とTeleの3本。エフェクターも興味あり。

良い音楽もまだまだ探し続けるよ。ブルース、ジャズ、ソウル、ファンクって辺りに興味あり。

誕生日にはPINK CLOUDの最後のアルバムに入っている「Future Child」って曲が聴きたくなる。別に「産まれ来る子供のために~」なんて大げさなものではなく、単に「歳を取ること」=「老いること」じゃ無いんだぜぇ~、って事に共感するんだよ。「Don't Look Back」の精神っすよ。

もちろん家族での時間や「父親と母親」な時間でない家内とのプリミティブな関係も大切にしていきたいね。

今日が俺の誕生日だと知ったオヤジがこんなものをくれました。↓
d0119899_15314223.jpg

数年前にオヤジが買ったデジタル一眼レフ (Canonのやつ)

こんな事初めてだからビックリしたな~。

これからは「絞り」と「シャッタースピード」にこだわっていくよ!ってカメラには興味が無かったので、何にも分からん。ど~しましょ~!

まぁ、そんな感じの34歳の1日目でしたとさ。感謝感謝!!
[PR]
by masayuki1973com | 2007-12-09 15:44 | 日常
TRICERATOPS / Shake Your Hip!! TOUR
d0119899_23265492.jpg

ROCK-O-MATICのドラマー 慶とボトムラインにTRICERATOPSのライブを見に行ってきた。
っとその前に、今池の「もりもり弁当」で腹ごしらえ。入場前にヨシフミさんのお兄さんと話したりして会場入り。久々、ボトムラインって気がした。

今回のツアーのタイトルには「HipにRockで踊ろうゼ!」ってサブタイトル(?)が付いていたからか、開演までのBGMは70年代ディスコソングが流れていた。

分かる範囲内での唱くんの機材は、アンプはZinkyが2台と足元はモニターに隠れていて不明。でも今回はフランジャー(フェイザー?)を多用していたような?

使用ギターは下記の通り。
・SB+ローズのヴィンテージ・ストラト
・新入り CS 青いレリック・ストラト(山野からのプレゼントか?)
・マーチンのアコギ かなり高価なヴィンテージ
・ES-335 もちヴィンテージ
・SG これまたヴィンテージ
(ステージわきにはもっと沢山のお宝ギターがスタンバっていたのに・・・)

一番気になったのは、2台のZinkyをどう使い分けてるかってこと。多分、2台とも1ch仕様のアンプだと思うんだけど、サウンドチェックの時1台は若干ゲインが高かったかも?よ~わからんわ。ギター持ち替えるごとにアンプのセッティングもギターテクの人が調整してたりもしたなぁ。

そして、新入りレイク嬢ね。新入りにして見た目古株(?)みたいな。音はねぇ~、それなりに良かったけど、SB+ローズ→青レリックって順番で使ったから比較できるんだけどやっぱ音が若いかな?特に〝If〟みたいなクリーントーンでは顕著だね。歪ませりゃ青レリックの方が扱いやすそうだったけど。

唱くんのギターの弾き方を見ていて気付いたのは、インタビューとかで言ってるのは目にした事があったけど、彼 ほとんどヴォリュームを触りません。ゲインとボリューム調整は「右手」でしていました。
また、右手のタッチが凄く柔らかい。さらさら弾く感じ。しかも335なんかは17~19F辺りをさらさら~っと。

個人的には335+Zinkyのセットが一番良い音だと思ったよ。

セットリストとかはあまり覚えてないよ。

今回はアコースティックのセットとかもあって、2~3曲お客さんのリクエストを聴きながらちょこっとだけやって、カバーで 松たかこ さんに提供した曲をやったり、バンドでユニコーン・トリビュートでの収録曲〝ヒゲとボイン〟とかをカバー。

唱くんアコギ上手だね。(って俺が言うのも変な感じ。)

終盤戦で〝ROCK MUSIC〟が聴けたのが良かったよ。ここで70年代ロック、ファンク、ソウルの名曲を畳み掛けるようにサクサクっとカバー。
ここら辺の選曲がMCで唱くんが「踊ってる?」って言ってたのとリンクしていて、このバンドのライブの見どころかと思う。

あまり上手くは書けないけど、唱くんがMCで言っていた「同じように怖いと思うなら、何もしないで怖がっているより一歩を踏み出してみようよ」って言葉が印象的+唱くんに拍手!←文字にするとチープかな?やはり彼が「ん~っと」とか「分かる?」とかって言いながら出ないと説得力が無いな。


前に見たときも思ったんだけど、やっぱロック・バンドは良いなと思った。

唱くんがギターソロをインプロビゼーションで長々と弾いていても見ていて飽きないのはリズム隊がちゃんと支えているから。林君やヨシフミさんが的確にアクセントを入れてくれるから面白い。バンドだからお互いの音や曲の雰囲気は分かってるからなお更カッコいい。

リズム隊のグルーヴがここまで聴いていて心地良いかと思うくらいだ。

あまりに良かったので「LIVE WARP」ってDVDを買って帰ってきたくらいだ。

彼らを見るたびに思うことは同じで、もし自分が人前で演奏する機会があれば(バンドでね)彼らのようにステージ上で両手Vサインをしよう・・・って。

そんな感じや~。
[PR]
by masayuki1973com | 2007-12-07 00:20 | 音楽(LIVEレポ)
本当のことなんか・・・
昨日、とある人のブログを読んでいて目に飛び込んできた言葉。

「本当のことなんか  いちいち言えない」

あ~、分かるなぁ・・・って共感してしまったよ。
確かに〝いちいち〟言ってらんないよ。っつーか、言わないよ。

誰でもそうなんだろうけどね。

俺が弱音も含めて本当のことを〝いちいち〟言えるのは2,3人かなぁ~。

充分か。
[PR]
by masayuki1973com | 2007-12-05 09:50 | 日常
木曜日に向けて・・・
6日にライブを見に行きます。

いつもなら、色々なサイトとかをチェックして情報をかき集めるんだけど、今回は一切事前情報をシャットアウトしております。オフィシャルサイトすらチェックしていません。

お陰で開演時間とかも分からんくらいだった・・・(OPEN 18:30って只今確認済)

今回は結構期待しているんだよねぇ~。だからあえて何も知らない状態で見た方が面白いと思っている。

翌日は有給とったし、準備はOKよん。
[PR]
by masayuki1973com | 2007-12-04 08:02 | 日常
Cool Down
今年も来ました、12月。

実は1年で一番嫌いな月が12月なんだよ。別に好きな月があるわけじゃないけど・・・

すごく忙しくて、どーにもならないような時に、気付いたらこんな鼻歌を歌っていた。

「ボーダーラインから 少しはみ出せば
  もう、どうでもいい事ばかりで Cool Down~」


詩だけ読むと、意味分からんでしょ~(笑)
でもメロディーに乗せて歌うと何だか説得力があるんだよ。ある気がするんだよ。

たまには自分を冷静に、客観的に見てみようか、って思うんだ。
何が大切な事で、何がどうでもいい事かが見えてくるかも・・・?

やりたいことは沢山あって、でも出来ることは限られる。

さぁ~、軽やかに師走を乗り越えようか。 多分無理だけど・・・
[PR]
by masayuki1973com | 2007-12-01 10:10 | 日常