トップ

ホッタの喜怒哀楽な日常          
<   2007年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧
昨日買ったCD
ひと月に2回は必ずCD屋に行きます。買うかどうかは別にして。
昨日は久々にCDを2枚買った。

1枚目はこれ↓ Shine on/Jet
d0119899_1020023.jpg











一瞬、ただのアー写やん!って思うようなジャケットだね。
随分前に〝Get Born〟を聴いていた時期があって、いわゆるガレージ・ロックな
感じの曲とメロディアスな曲のアンバランスな感じが何とも心地良いなーと思った
バンドのセカンド・アルバム。
ES-335が良い音してます。(写真ではジャズマスターも使ってるようだったけど)
何せ昨日買ったばかりなので詳しい感想はまたの機会に・・・



そして2枚目はこれ↓Flying Funk/Various Artists
d0119899_10563128.jpg











60'S後半~70'Sのファンクミュージックのオムニバスアルバムらしい。
たまたまJAZZコーナーに入って物色していて巡り合った1枚。試聴したらこれまた
なかなかクオリティーの高いファンキー・チューンが多かったので購入。

ファンクの難しいところは、俺がフュージョン系のファンクが嫌いだってところ。
そう言う点では、このアルバムに収録されている曲たちは良い意味で泥臭くFUNKYな
曲が多い。良質なFUNKに対してギターがどうとかウンチクは言わんよ。

21世紀だからこんな極上な音楽を手軽に手に入れて聴いていられるけど、もし
リアルタイムで聴いていたら・・・って考えると不思議な感じになる。
時代の流れとはいえ便利すぎるのもね~・・・って最近思う。

このCDも昨日手に入れたばかりなので細かい感想はまたの機会に・・・。


ちなみに今回の落選CD↓BAGS GROOVE/Miles Davis
d0119899_11161389.jpg











ジャケットがトライセラトップスの〝DON'T STOP THE NOISE〟ツアーの物販
Tシャツのデザインのパクリ・ネタ(?)になった1枚。(〝の〟が多い文章だなー)

昨日知ったんだけど、このアルバム1954年録音なんだよ!!俺が生まれる前の
音なんだよ~!
このポップなジャケットのデザインはどうだ?!試聴したけど音も良いぞ!
マイルスって実はかなり敬遠してたけど、聴いてみるもんだなーって思ったぞ!

落選理由は「車でJAZZは聴かん」ってとこかなー。

しかし、ちょっと家でゆっくり音楽を聴ける環境を整えようかと考え中の俺にとっては
JAZZって良いかも・・・と思ったよ。
[PR]
by masayuki1973com | 2007-06-30 11:35 | ディスクレビュー
腰痛
そんなにひどくはないんだけど腰痛持ち(?)です。

気になったので病院に行ってきました。レントゲンの結果を見た医師は
「骨に異常は見られないので、腹筋と背筋が弱いんでしょう」っと言って
↓をくれました。
d0119899_9291660.jpg


















ビリーさんのトレーニングにはかなわないと思うけど、これで少しでも腰痛が
解消されるなら・・・と信じてトレーニング(体操だけど)しようと思っております。

しかし、表紙のモデルさんの服装に時の流れを感じずにはいられません・・・
[PR]
by masayuki1973com | 2007-06-29 09:37 |
欲しいもの
昨日は仕事が休みだったので奥さんとショッピングに出掛けた。
子供が幼稚園に入ってから平日休みに2人で出かけることが多くなった。良い事だ。

最近アクセサリーが気になってきて、今は右手の中指にはめるシルバーの指輪を探している。
(前から欲しかった股上浅目のブーツカットのジーンズはこの夏やっと買えたし。)
俺は指が太くて短いから華奢なリングは似合わんので、ある程度ボリュームがあって何かしらアクセントのあるデザインのものを探してるんだけど、なかなか良い物には出会わんねー。

せっかくだから奥さんとペアで・・・って考えてるし。

指輪だけじゃなくって、ネックレスも欲しいし帽子も欲しい。実は昨日そこそこ良い帽子があったんだけど多分あまり被らないだろうと言う理由で却下になった。

身に付けるものは少量でいいから質の良い物を選びたいと思う。
でも、高価なものであれば良いって事じゃないぜ。
[PR]
by masayuki1973com | 2007-06-28 12:24 | 日常
久々に・・・の続き
ってことで昨日の夜は星ヶ丘の
某ブルース・バーへセッションしに出かけた。

座るところが無いくらいたくさんの人で、プレイする
機会は少なかったけど、色々な人のプレイが見れて
それはそれで面白かった。

まーセッションした1曲目が「クロスロード」だったから
いつも以上に楽しめたような気がする。

セッションが終わってからファイアーバードを持ってる
ギター・ヴォーカルの人と話をしてて、色んなことを話しながら
歌を歌いながらギターを弾く人と、ギターしか弾かない人とでは
ギターに対する考え方が違うんだなーって思った。

やっぱレス・ポールは歌いながらではコントロールしにくいらしい。

しかし、上手な人はギターが歌ってますな。
ホント良い音出す人が多くて楽しかったわ~。


そういえば、さっきザ・グッバイのチケットが届きました。
来月13日のボトムライン、これもまた楽しみ!!
[PR]
by masayuki1973com | 2007-06-27 16:50 |
久々に・・・
明日は休みだし、
今日は火曜日だから
今夜はレスポールを持って
あの店に出かけるとしよう。
[PR]
by masayuki1973com | 2007-06-26 09:29 |
〝お疲れ様〟について
良く使う言葉じゃん、〝お疲れ様で~す〟とかって。

〝お先で~す〟と〝お疲れ~〟はサラリーマン的な会話で十分。

友達とかに〝お疲れ〟なんて言いたくないし、言われたくないな。
会って疲れるような相手とは会わないし、楽しくて疲れることはあっても、
そこに労いの言葉はいらない。

〝ありがとう〟って言葉は大事だと思う。けど、その使い分けは意外と
難しい・・・っと思う。

どーでもいい事かも知れないけどね。
[PR]
by masayuki1973com | 2007-06-25 11:04 | 日常
最近買ったライブDVD
d0119899_1015715.jpg

Songlines Live / The Derek Trucks Band


06年、クラプトンのワールド・ツアーのメンバーに抜擢され急に有名になった人。(ギターマガジンで特集組まれたりしてたなー。)

いつも行くCD屋で彼のアルバムを試聴した時に好印象だったのと、¥1,800位というお手頃価格であったという点、またGibsonプレイヤー(チーム・ギブソン?)という3点で購入を決定。

まぁー上手いっすよ。若いのに(って程俺は年取ってないけど・・・)

オープンEチューニングらしいんだけど、見た目的に違和感たっぷり。
特にスライドの時は気にならんのだけど、コード弾いてるときなんて〝なに?このコード・・・〟って見えちゃうもん。

非常にクールにプレイをする人で(ジョニー・ウィンターとは逆って意味ね)耳障りでない良い音出してます。
プレイに熱が入り勢い余って弦が2回も切れてしまうんだけど、ギターを曲中に換える事も無く弾き続け、曲が終わったら切れた弦を無表情でオーディエンスに手渡しするくらいクール。(ただシャイなだけか?)

夜中にバーボンをロックで飲みながら見ると良い感じかも。(飲めないけど・・・)
何と言うか都会的な非常にタイトな感じです。これまたジョニーウィンターとは逆なんだなー。

見るたびいつも彼らの音が心地良すぎて気付いたら寝ています。

今度日本に来るんだってね。(名古屋はクアトロだったかな)
見てみたいけど、彼らの演奏中に居眠りすると失礼なので今回は遠慮しておこうと思ってます。
[PR]
by masayuki1973com | 2007-06-23 10:45 | ディスクレビュー
昨日考えたこととか。
d0119899_1174423.jpg

先月20日、ボトムラインで行われたトライセラトップスの開演前画像。
(って何やってんだ俺?っつーか真っ暗だし・・・)

この時のサウンドチェックは凄かった。SG(61年製?)、58年ヒストリック・レスポール、ES-335(61年製?)、テレキャス(60年製?)、ストラト(59年製?)まだあったかなー?
まぁ、とにかく当日使うギターの全てをチェックしてたのが凄く印象的だった。
ヴィンテージ・ギター満載!!

トライセラのGt.、Vo.の和田さんは多分〝この曲にはこのギター〟ってきっちり決まってる人かなーって思った。

トライセラトップスは〝バンド〟と言う大前提で音が出てて、歌は「言葉」と「メロディー」で出来てるんだぜ、って当ったり前のことに今更ながら気付かせてくれたバンド。

もちろんROCKでバンドのグルーヴも最高なんだけど、いわゆるテクニカルなプレイを求められるようなバンドではないと思う。少なくとも俺は求めてないなー。

しかし、アレンジのフェイク(?)は凄いと思う。バンドならでは。
リフがギターとベースで全然違ったり、良くあるパターンだけどリズム隊だけで歌メロ通しちゃったり、変なところでブレイクしたり・・・

そんなマニアックなことより実際の音を聴いたことがある人なら分かると思うけど、唱くん独特な俺様的恋愛感とか自信満々な歌詞とかに共感が持てるな。
こんな時代だからこそ、あそこまで言い切ってくれると何だか気分が良い。

プロフィールに「世界中の人にギターを弾かせたい」なんて書ける人いないよ、なかなか。そんな自信過剰気味でちょうどいいんだけど。

ギタリスト的に和田さんを表現すると「ギターを鳴らすのが上手いプレイヤー」かな?CHARと同じ例えばマッチレス+ストラトでも全然出てくる音違うもん。

最近色んな意味で音楽の聴き方が変わってきたなーって思う。
そこにはトライセラトップスとの出会いは必要不可欠であったように思う。

なんてとりとめのない事をボーっと考えていた、昨日はそんな1日だった。
[PR]
by masayuki1973com | 2007-06-22 12:11 | 日常
ライブレポ(CHAR FLYING TOY'S)
d0119899_848325.jpg

3年振りくらいにCHARのライブに行ってきました。@ダイアモンドホール
ポジションはいつも通りの右スピーカー前、最前列。

上の画像は始まる前のステージ。僕はこのライブが始まる前のステージが凄く好きでその後スタッフがサウンドチェックしたりって儀式(?)が何とも期待感をそそられます。

トップバッターのギターはマット・ゴールドのムスタング!
音はバキバキ、弦のテンションもしっかりしていてパワフル。ありゃムスタングじゃないわ。
何だかセレブな感じのギターでした。

正直いうと今回はインスト・ベストアルバムのレコ発ツアーみたいな感じだったから選曲には期待していなかったんです。

しかし完全に良い意味で裏切られました。

何と1曲目は「宇治茶屋序幕」っすよ!!  ナイス!!!

まぁ、細かいセットリストは忘れてしまいましたが、覚えてるだけ書いて行こうと思います。
(今まで聴いたことの無い曲ね)
・RIDE ON ME
・GET HIGH
・RESTAURANT
・SO MANY WAYS~GUITARS~SO MANY WAYS(メドレーっぽく)
・FALLING STAR
(まだあったけど忘れました。)

あと、アコースティックのセットで
最新アルバムから2曲とALL AROUND ME
そして何とHAPPINESS!←石やんの曲じゃん
この曲でメンバー紹介ありました。嶋田さんのパーカッション・ソロがかっこ良かったです。

使用ギターもいっとく?
・ムスタング(ゴールド・トップ)
・ムスタング(白)
・ダフネブルーのストラト
・レスポール(ゴールド・トップ)
・赤コンペ・ムスタング
・YAMAHAの古いアコギ(20周年のとき使ってたやつ)

今回は今までに無くムスタングの使用頻度が高く(ほとんど白ムスを使用)艶っぽいダフネ・ストラトのトーンも良いんだけど、ムスタングを鳴らす感じはやっぱり彼ならではかなー?って思った。
あと、レスポール(p-90搭載のやつね)も良い音してた。でも調子悪かったみたい。
CHARはピックアップ・セレクターはセンターにして多分フロントはボリューム絞ってあって、リアで音量を調整してた。(APPLE JUICEで使用)
「レスポールだぜ~。どーだ。」てMCには共感。

赤コンペ・ムスタングはチューニングの調子悪かったな。

まぁ、とにかく良いステージで初めて沢田(Ba.)+嶋田(Dr.)のリズム隊が良いなーって思った。特に嶋田さんのキックとスネアのキレは凄く気持ち良くて、
JIMみたいに手数は多くないもののシンプルかつタイトなグルーヴをかもしだしていた。(気がする)

あとは、70年後半~80年代の曲が多かったことが嬉しかった。最近の曲は聴いてるし、まぁ今だからあの頃の曲が持つ力が発揮されるのかなーって(音楽シーン的に)勝手に考えてた。

最近ファンになった人はやった曲の半分も分からなかったと思うけど、逆に長く彼の音楽を聴いている人はムフフな選曲であったと思います。



そして、ステージ終了後こんな事をしてもらいました↓
d0119899_9303598.jpg

チャカチャカと弾いて「これ新しいんだ」って言ってました。

d0119899_9311089.jpg

息子誕生記念ギターなんで、息子の名前を入れてもらいました。
一緒に写真を撮ってもらったとき、「ケンシが大きくなった時の証拠になるように」ってサインが見えるほうを向けてくれました。ありがと~。
[PR]
by masayuki1973com | 2007-06-21 09:44 | 音楽(LIVEレポ)
Walk,Don't Run
「Walk,Don't Run」って確かベンチャーズの曲名だった
と記憶しています。
別にベンチャーズが好きってわけでもないんですが、この
Walk, Don't Runと言う言葉が気に入りブログのタイトルに
使わせてもらうことに決めました。

多くの人は「急がば回れ」と翻訳されると思いますが、
僕はもっとリラックスした感じで大阪弁の「ぼちぼちいこか」
みたいな感じかなって解釈してます。

文字通り、ぼちぼちと自分なりの喜怒哀楽を書き込んで
いきたいと思ってます。
なるべく「怒」と「哀」については書きたくないですけどね。

だけど怒ったり哀しんだりするのも生活をしていれば
避けては通れない瞬間があるわけで・・・それをこの場に
書くかどうかはその時になってみないと分かりません。

じゃ、ぼちぼちいこか。


2007年6月 ホッタ
[PR]
by masayuki1973com | 2007-06-15 12:37 | About this blog